Top menu shortcut To go directly to the body content To go directly to address the bottom
セマングム開発庁
korean english chinese
home 个撒地方サイトマップ
search
plus plus
facebook twitter KakaoStory print
事業内容
WHY? セマングム!  
セマングム再生可能エネルギー  
事業内容
推進背景
事業の概要
設備容量/所要面積
総事業費 約6兆6000億ウォン(推定)
事業期間 2018 年 〜2022年(*農林畜産食品部の太陽光発電事業は2030年まで)
対象地域 再生可能エネルギーの敷地は、空港騒音・高度制限、公有水面などで開発の需要が比較的 に低い地域
(6つの地区)
< セマングム開発庁6つの地区>
セマングム経済協力開発事業の推進方案
区分 位置 発電量 面積
1 産業研究用地の東側 太陽光 0.3GW 3.96㎢(120万坪)
2 産業研究用地の南側 太陽光 0.8GW 10.6㎢(321万坪)
3 国際協力用地の南北道路の西側 太陽光 0.8GW 10.6㎢(321万坪)
4 国際協力用地の南北道路の東側 太陽光 0.5GW 6.6㎢(200万坪)
5 4号防潮堤内側の湖内 風力 0.1GW 0.3㎢ (9万坪)
6 産業研究用地の東側 燃料電池 0.1GW 0.16㎢(5万坪)
推進システム
推進システム
セマングム委員会報告(2018.5.2)及びセマングム再生可能エネルギーのビジョン宣言
(2018.10.30)
群山、金提、扶安、全州地域で主民説明会の開催(2018.11.27~2018.12.12)
再生可能エネルギー事業計画の意見取りまとめ窓口官民協議会の構成準備及び発足
(2019.2.13)
2019.02~2019.04 セマングム再生可能エネルギー官民協議会の開催
(2019.2.13、2019.3.19、2019.4.30)
セマングム開発公社の太陽光先導事業(100MW)及び地域共生方案の確定
期待される効果
  • 일자리창출

    再生可能エネルギークラスターの造成による波及効果は、

    雇用97,474人、 生産25兆4,423億ウォン、

    付加価値6兆9,852億ウォン

    * 出典:全北研究院

  • 화석연료대체

    年間4,687GWhの生産

    で約170万世帯が使用可能

  • 온실가스감축

    松の木(30齢級)3億本の植栽と同等の効果