Top menu shortcut To go directly to the body content To go directly to address the bottom
セマングム開発庁
korean english chinese
home 个撒地方サイトマップ
search
plus plus
facebook twitter KakaoStory print
環境?生態用地
基本計?  
地域別の開?方向  
環境?生態用地
概要
環境・生態用地
面積 : 42.0㎢
国際交流用地内の環境·生態用地の面積(17.1㎢)を含む場合は59.1㎢
セマングム地方環境庁の小館面積 : 農業生命用地の近隣地域(9.29㎢, 農林部所管)除外
2012.12 セマングム生態環境用地の開発基本計画樹立完了
導入機能
時間・場所的な特性を考えた自然形成機能
生物生息地の造成及び多様性の確保のための創出的な生態復元の機能
清浄水質の確保のための生態的な水質の浄化機能
生態や景観資源などを活用した生態の体験及び環境教育機能
環境生態用地の主要導入機能

自然と時間に会うグローバル生態環境の実現
自然への補償として世界的に誇られるセマングムのみの生態環境創出

自然が自ら回復できる生態環境用地条件の造成

セマングム特性の理解及び生態環境用地の融合や複合的な分析
With Reviewing Reference Site(MESO-COSM)

1. 自然形成
• 総水位や水の流れを考え
• 生体工学的な接近
• 地形形成過程を考え

2. 創出的な生態復元
• 生態のネットワーク
• 生物生息地の造成
• 生態湿地の造成

3. 生態的な水質浄化
• 点と批点汚染源の低減
• 水質浄化湿地造成
• Zero emission

4. 生態体験の環境教育
• セマングムの名所化
• 生態環境教育
• 生態観光の導入

生態的な土地利用の基本方向
保全と利用の調和を成すうようにユネスコ生物圏域保全区域(UNESCOMAB)の空間構成方式を適用
環境生態用地の生態的な土地利用の概念
生態的な土地利用の基本方向
区分 主要導入機能及び基本方向
核心地域
野生生物のみの生息及び隠れ,繁殖機能
自然遷移区域,自然形成地域
緩衝地域
主要生息可能種及び人間活動,都市と自然の緩衝機能
自然遷移における変化過程の緩衝機能
転移地域
生態環境用地の維持管理及び研究機能の充足
生態環境の体験,教育,観察,探訪機能の充足
利用客の心美的な休暇や休養機能の充足
区域別の開発方向
(産業研究用地周辺)自然遷移生態の場を造成
湿地創出復元地域,野生動物の生息地域,水流の体験地域,自然形成の誘導地域に区分し,誘導施設を通じた生態環境用地の自然形成及び渡り鳥生息などを誘導
(国際協力用地の周辺)人間と自然が共生する場を造成
都市生態ウォーターコーリダー地域を中心とし,都市内小生物の生態環境造成及び人間活動の流入を誘導,様々な研究体験教育機能を導入
(観光・レジャー用地の周辺)大自然体験及び教育の場を造成
大自然体験地域や清らかな水の体験地域などの野生生物の大自然復元と体験,遷移など,時間の流れに合わせた段階的な計画及び研究のモニタリングに重点
(農業生命用地の周辺)水質管理及び農地支援の中心
山‐農地‐湖水に生態系の有機的な連結が可能な環境に優しい底流空間に造成,洪水底流・水質浄化・生態復元・生態観光などの複合機能を遂行
区域別の開発構想図1
区域別の開発構想図2
区域別の開発構想図3