Top menu shortcut To go directly to the body content To go directly to address the bottom
セマングム開発庁
korean english chinese
home 个撒地方サイトマップ
search
plus plus
facebook twitter KakaoStory print
?光?レジャ?用地
基本計?  
地域別の開?方向  
?光?レジャ?用地
概要
観光・レジャー用地
面積 : 36.8㎢
観光・レジャー1・2地区(31.6㎢),シンシ~ヤミ地区(1.9㎢),古群山群島地区(3.3㎢)
開発方向
観光レジャー1・2地区を核心としてグローバル観光資本による大規模投資誘致に主力し,観光・レジャー施設の集積地区に開発
導入機能
民間投資者の創意的な開発が可能になるように全ての類型の観光・レジャー機能の導入のために開放しながらも,環境汚染の誘発が懸念される機能は厳しく制限
観光・レジャー1・2地区の主要計画地表
区分 単位 計画地表 備考
計画面積 31.66  
人口及び世帯数 常住人口 4.4万人
人口密度 人/ha 227/ha前後 純密度(受容人口÷住宅建設用地)基準
世帯数 世帯 18,310世帯前後  
基礎生活圏(小生活圏) 箇所 約2個 19,000∼23,000人/生活圏
学校 小学校 個校 4個前後 近隣住区当たり1個校
中・高校 個校 4個前後 小生活圏当たり1個校(国際高校は除外)
都市基盤施設 近隣公共施設 箇所 小生活圏当たり1箇所前後 住民自治センター,消防交番など
公園・録地率 % 16.9%前後 河川,生態,環境用地(埋立)などを含む
供給処理施設 上水補給率 % 100.0
下水処理場 箇所 1個
生活廃棄物 箇所 1個 MBT+SRF,埋立施設
熱供給設備 箇所 1個
ガス供給設備 箇所 1個
注. 提示された計画地表は開発方向の設定のためのものであり,具体的な施設設置は事業の性格によって調整することができる
地区別開発方向
観光・レジャー1・2地区は様々な需要の観光客を引き入れる大規模複合型リゾート及び宿泊,スポーツ,ショッピング,文化施設など,アンカー施設の集積配置
大規模の複合型リゾートと宿泊施設の集積,次世代観光需要の受容施設設置など,セマングムの核心観光ハブに造成
観光・レジャー1地区導入施設の配置における例示
観光・レジャー2地区導入施設の配置における例示
シンシ-ヤミ用地は海洋テーマ観光及び海洋レジャースポーツ体験中心の観光拠点化を推進
シンシ-ヤミ用地は海洋テーマ観光及び海洋レジャースポーツ体験中心の観光拠点化を推進
差別化機能 愛発方向の例示
海洋テーマ観光及び海洋エンタテインメント
海洋テーマホテル,アクアリウム,シーフードセンター,展望台の造成
海辺の食べ物村,キャラクターショップなどテーマ商店街の集積化
海洋型娯楽施設を導入したテーマパックの造成
海洋レジャースポーツ体験
安全教育及び資格免許の取得が可能な海洋レジャーやスポーツアカデミーを構築
マリーナの修理や維持・補修ができるマリーナ渓流場を造成
海洋レジャースポーツ教育と遊びが融合されたEdu-tainment型施設の構築
導入機能の例示
海洋テーマ観光: メディアパック,アクアリウム,海洋文化のテーマパック,海洋レジャースポーツアカデミーなど
海洋レジャースポーツ: ウォーターパック,マリーナ,ゴルフ場,ヨットポリテク大学,クラブハウスなど
古群山群島の用地は海洋コンテンツ資源を積極的に活用し,体験型及び休養型観光拠点に造成しながらも対象地内の地区別特性を考えた差別的な開発方向を設定
古群山群島の用地,開発方向の構想及び施設配置の例示