Top menu shortcut To go directly to the body content To go directly to address the bottom
セマングム開発庁
korean english chinese
home 个撒地方サイトマップ
search
plus plus
facebook twitter KakaoStory print
産業?究用地
基本計?  
地域別の開?方向  
産業?究用地
概要
産業研究用地
面積 : 41.7㎢
韓国農漁村公社が開発するセマングム産業団地と近隣地域を含む
開発方向
主力産業と新成長動力産業及び関連研究施設の集積地として開発
戦略
韓国や海外にあるアンカー企業の個別的な投資需要の受容と同時に,大規模団地の開発需要などを受容して開発を推進
産業研究用地計画地表
区分 単位 計画地表 備考
計画面積 41.7  
人口及び世帯数 人口数 50,800 産業団地30,100人
世帯数 世帯 20,000 産業団地11,400人
学校 小学校 個校 5個前後 近隣住居区当たり1個前後
中・高校 個校 3個前後 小生活圏域あたり1個前後
都市基盤施設 近隣公共施設 箇所 小生活圏域あたり1個前後 産業入地支援単位などを適用
公園の録地率 % 20%以内 水路を含む
基盤施設 上水補給率 % 100%  
下水処理場 箇所 1 安行団地以外の地域に1箇所
廃棄物処理場 箇所 1 埋立施設,焼却施設
集団エネルギー設備 箇所 1 産業団地内に1箇所,産業団地外に1箇所
LNG供給施設 箇所 1 産業団地外に1箇所
産業研究用地計画地表
区分 土地利用の構想(㎢)
41.7
住居 1.3 ~ 1.7
産業 17.3 ~ 22.7
商業・業務 1.2 ~ 1.4
意版施設 13.1
その他 6.0
注. 提示された計画地表は開発方向の設定のためのものであり,具体的な施設設置は事業の性格によって調整することができる
導入機能
産業生産及び物流機能,航空エネルギーの融合技術などへの試験及び研究開発機能など
周辺産業拠点と連携した発展ができる炭素素材産業(炭素バレー)及び食品産業(益山国家食品クラスター及び全北革新都市)など
従来の産業集積地の近隣地域を対象に融合技術及び創造産業のテストベッド設置を検討
産業研究用地における導入機能配置の例示
機能配置及び土地の利用構想
産業機能 : 周辺の産業団地との連携性,南北2軸及び複線鉄道など,産業のインフラとの接近性を考えて配置
物流及び航空産業の機能 : 空港や鉄道,滑走路など,機能的な隣接の必要性が高い産業の場合,空港拡張の敷地や隣接地域を中心に配置(炭素バレー)及び食品産業(益山国家食品クラスター及び全北革新都市)など
住居及び商業業務機能 : 産業団地内の中心商業業務地区と連携できるように配置し,小規模分散配置はされないように誘導
空港の騒音地域には装置型産業などの騒音にも問題のない機能的な入地を誘導し,住居など騒音に敏感な機能が導入されないように措置
産業研究用地における土地利用構想の概念図