Top menu shortcut To go directly to the body content To go directly to address the bottom
セマングム開発庁
korean english chinese
home 个撒地方サイトマップ
search
plus plus
facebook twitter KakaoStory print
?光名所
生活の質  
?光名所
宗教関連 / 伝統様式のツアー
全州韓屋村
全州韓屋村
全州韓屋村は全州市内にあり、豊南洞と江陵にまたがって位置しています。現地には800戸を超える数の伝統的な「韓屋」家屋が現存しています。市内の他の地域は産業化が進んできましたが、「韓屋村」については昔ながらの魅力と伝統とが保持されています。

「韓屋」のもう1つの特徴は、全ての家屋にオンドルと呼ばれる独特の床下暖房システムが採用されていることです。韓国の人々は床の上で座ったり、食事したり、就寝したりすることから、床下を暖めておく必要があるのです。「韓屋」の一部は観光者が伝統的な韓国人の生活習慣を体験できるように「韓屋生活体験ホール」として公開されています。実際に床の暖かさを体験することができます。このシステムの利点は、冬の間は暖かく、夏の間はひんやりすることです
禅雲寺仏教寺院
禅雲寺仏教寺院
禅雲寺は僧侶の日常活動を体験することで心の平穏を取り戻して疲れた身体を休息させるには絶好の場所です。禅雲寺は見事な景観と膨大な数の歴史遺物で非常に著名です。

また寺院は宿坊プログラムを実施していることでも定評があります。禅雲寺での「宿坊」ですが、仏教、僧侶たちの生活習慣、伝統儀式、精神性を学ぶことのできるユニークな体験となるはずです。都市での生活の喧噪を忘れさせてくれると同時に、瞑想や癒やしに正面から取り組むことのできる時間と空間を供与してくれます。.

自分自身の真の姿、他者と調和する生き方および自然との一体化の探求である仏教の教義に即して自らの内面と向き合うことのできる有意義な機会となることでしょう。
自然ツアー
邊山半島国立公園
邊山半島国立公園
邊山半島国立公園は全長 35km にわたって海岸沿いの5つの行政区にまたがります。1988年に国立公園の指定を受け、海側と山側の双方の要素を備えた国内唯一の国立公園です。同公園は辺山周辺と呼ばれる沿岸部と辺山山間部と呼ばれる内陸部の2つのエリアに分断されます。彩石江と辺山ビーチが辺山周辺の主な観光名所です
古群山群島地域
古群山群島地域
古群山群島地域は群山市の南西 50km に位置します。群島周辺地域は見事な景観に恵まれており、親しみを込めて「湖上の星」と呼ばれています。地域で最も美しい島の1つとされる新侍島里は群山と扶安を結ぶ「セマングム海岸堤防」の中間に位置します。
馬耳山
馬耳山
馬耳山は山自体から主要な仏教寺院に至るまで一風変わった神秘的な雰囲気に満ちていて、ここではかつて一般の世捨て人が数十年の歳月をかけて100を超える数の石塔を築きました。現在、馬耳山は「馬耳山道立公園(馬耳山道立公園)」の中心的な存在となっていますが、正直なところ、容易にアクセスできる場所ではありません。しかしながら、極めて独特な山の荘厳な美しさと周囲に漂う神秘さを堪能すべく、時間と手間を掛けて訪れるだけの価値は十分にあります。さらに山には韓国有数のスパが点在しており、ハードなトレッキングによる身体の疲れや痛みを存分に解消してくれます。
内蔵山
内蔵山
内蔵山は全羅南道の有名な山で韓国有数の紅葉の名所でもあります。公園の規模は 76,032km2 です。名称の内蔵とは山の「多くの神秘」を意味します。内蔵山の一面の秋景色を覆う見事な紅葉から、「湖南の金剛山」とも呼ばれています。

公園が美しいのは秋に限ったことではなく、春先にはツツジと桜が咲き乱れ、夏には山の緑が深まり、冬の時期には岩壁が真っ白な雪に覆われ、四季を通じて印象的な光景を楽しむことができます。さらに、年中様々な種類の野の花が花開きます.
その他の観光名所
セマングム海岸堤防
セマングム海岸堤防
セマングム海岸堤防は全長 33.9km で、2010年8月には世界最長の人工海路関としてギネス世界記録の認定を受けました。建設にあたっては国内の技術のみを駆使して成就された偉業でした。海岸堤防は韓国の西岸、具体的には群山、ギムジャ、扶安の沿岸に位置します。
扶安映像テーマパーク
扶安映像テーマパーク
扶安映像テーマパークは大規模な映画製作総合施設です。パークは、民俗資料館 (89,696m²) と「サンセット・ビレッジ」と呼ばれる屋内スタジオ (58,704m²) から構成されます民俗資料館内には、韓国を象徴する王宮(景福宮)が貴族階級の伝統家屋、村の学校、昔ながらの街路、池、要塞等とともに再現されています。「王の男」(2005年)、「ファン・ジニ」(2007年)、「炎のように蝶のように」(2009年)といった著名な韓国映画の撮影場所として使用されてから同パークは有名になりました。