Top menu shortcut To go directly to the body content To go directly to address the bottom
セマングム開発庁
korean english chinese
home 个撒地方サイトマップ
search
plus plus
facebook twitter KakaoStory print
お知らせ
セマングムニュ-ズ  
お知らせ
リスト
規制緩和
今年、セマングムの産業団地入居企業11社に増え、   hot icon  
作成者 관리자 作成日 2019-10-02 照会数 83

- セマングム開発庁、アイコットン(株)と入居契約締結 -


□ セマングム開発庁(庁長キム・ヒョンスク)は9月24日、アイコットン(株)とセマングム産業団地入居契約を締結したと明らかにした。


○ アイコットン(株)(代表取締役ベク・イルギ)は、2018年に創立し、100%原綿を用いたウェットティッシュなどの衛生用品を製作している新興企業である。


□ アイコットン(株)は、2022年までにセマングム産業団地内40,000㎡長期賃貸用地に237億ウォンを投資して環境にやさしい原綿不織布の製造工場 を新設し、110人以上の雇用創出する計画である。


○ なお、今後は一般消費者だけでなく、医療分野で利用可能な製品まで生産し、事業領域を拡大する予定である。


□ これにより、セマングム産業団地は、今年だけで環境にやさしい電気自動車と再生可能エネルギー関連企業、医療機器、鉄鋼・機械企業など11社と入居契約を締結し、13社と投資協約を締結するなど、目立つ投資誘致の成果をあげている。


金賢淑(キム・ヒョンスク)セマングム開発庁長は、「最近、セマングム産業団地に様々な分野の入居企業が相次いでいるのは、低廉な価格の長期賃貸用地と拡張性、群山港とセマングム新港を利用する輸出入の利便性、総合保税区域*など、魅力的な環境のためである」と述べた。


○ 併せて、「セマングムへの投資を希望する企業と最初の相談から入居、竣工、稼動に至るまで、投資家の立場に立って、不便なことがないよう入念に取りまとめる」と述べた。


*総合保税区域:企業投資促進を目的に、同所で特許保税区域のすべての機能(デバイス・保管・製造・加工・展示・建設・販売等)を複合的に行うことができる制度であり、関税賦課の保留又は免除されるエリア。


<添付>2019年セマングム産業団地の投資協約及び入居契約の締結現況1部


添付

2019年セマングム産業団地の投資協約及び入居契約の締結現況


投資協約の締結現況(13社)

企業名 業種 面積(千㎡) 投資協約 入居契約 備考
①テックウィン バラスト水処理設備 26 ’19.1.29. ’19.6.4.
②テックウィンエネルギー 水上浮遊物 26 ’19.1.29. ’19.6.4.
③エジソン・モーターズ 電気自動車組立 99 ’19.5.30.
④デチャンモーターズ 電気自動車組立 50 ’19.5.30.
⑤コステク 電気自動車部品 15 ’19.5.30. ’19.7.31.
⑥エムピエスコリア 電気自動車組立 33 ’19.5.30. ’19.7.31.
⑦ドンホコスモ 計量器製造 23 ’19.6.21. ’19.7.29.
⑧SNKモーターズ 電気自動車部品 85 ’19.7.24.
⑨ダスコ 金属構造物 66 ’19.7.24.
⑩ソールエコ 金属構造物 8 ’19.7.24.
⑪ケイジェイスチール 鉄鋼 10 ’19.7.24.
⑫チャムプラント 機械部品製造 41 ’19.7.24.
⑬アイコットン 不織布製造 40 ’19.7.24.


入居契約の締結現状(11社)

企業名 業種 面積(千㎡) 投資協約 入居契約 備考
①ネモE&G 水上浮遊物 66 ’18.9.11. ’19.1.3, 7.12
②レナインターナショナル 太陽電池モジュール 76 ’18.9.11. ’19.4.9.
③風林パマテク 医療機器 33 ’18.6.4. ’19.5.23
④テックウィン バラスト水処理設備 26 ’19.1.29. ’19.6.4.
⑤テックウィンエネルギー 水上浮遊物 20 ’19.1.29. ’19.6.4.
⑥ゲノム&ナチュラルバイオ コラーゲン 17 ’18.10.11. ’19.6.5.
⑦ドンホコスモ 計量器製造 23 ’19.6.21. ’19.7.29.
⑧ステク 電気自動車部品 15 ’19.5.30. ’19.7.31.
⑨エムピエスコリア 電気自動車組立 33 ’19.5.30. ’19.7.31.
⑩ナノス 電気自動車・特装車 64 ’18.7.20. ’19.7.31.
⑪アイコットン 不織布製造 40 ’19.7.24. ’19.7.24.
セマングム開発庁、金融業界との共生協力のための業務協約を締結
金賢淑・セマングム開発庁長、在韓国中国大使と面談